Have an amazing solution built in RAD Studio? Let us know. Looking for discounts? Visit our Special Offers page!
C++DelphiRAD Studioニュース

RAD Studio 11 Alexandria January PAServer Patchがリリースされました

rad studio 11 jan patch

Embarcaderoは、RAD Studio 11 Alexandria November Patchのリリースに続き、Apple OSおよび開発ツールの最近のアップデートをサポートするために、Apple macOSプラットフォーム向けのPlatform Assistant Server(PAServer)の追加アップデートの提供を開始いたしました。

このパッチは累積ではないため、RAD Studio 11 Alexandria November Patch(以下、November Patch)に含まれるすべての修正が含まれているわけではありません。Apple iOSプラットフォームをターゲットにしている場合、この新しいパッチもインストールし、macOSデバイスにPAServerを(手動で)インストールすることをお勧めします。

RAD Studio 11のパッチは今回で3回目です。macOS 12 Monterey での macOS および iOS 開発のための PAServer のアップデートです(PAServer の新しいバージョンは 13.0.12.2 )。

このパッチで修正されたQuality Portalのケースは、以下の通りです。

  • RSP-36648: iOS: Invalid Code Signing of frameworks

GetIt経由でRAD Studio 11 Alexandria January Patch(以下、January Patch)のインストールをお勧めします(もしNovember Patchが未適用の場合は、これも併せてインストールしてください)。このパッチでは、遅延インストールやIDEの再起動は必要ない操作です。また、my.embarcadero.com のカスタマーポータルでも同様のダウンロードが可能です。

January PatchとNovember Patchは、どの順番でインストールしてもかまいません。

なお、macOS、iOS向けのアプリケーションを構築しない場合は、本パッチをインストールする必要はありません。

GetItパッケージマネージャ経由でパッチをダウンロード

IDEメニューのGetItパッケージマネージャを開いて「Patches and Hotfix」に移動すると、リストに下図の項目が表示されます。

1 2931822

パッチのインストール作業が完了すると、更新されたPAServer22.0.pkgファイルは、以下のフォルダに配置されます。

このファイルをmacOSデバイスにコピーしてインストールしてください。

カスタマーポータル経由でパッチをダウンロード

January Patchは、my.embarcadero.com のカスタマーポータルから入手することでき、ダウンロードのリストには下図のように「RAD Studio 11 PAServer January Patch」という名前で登録されています。

2 2780037

ダウンロードしたPatch.R110.January-202201104.zipファイルを解凍すると、PAServerフォルダ内にPAServer22.0.pkgが展開されていますので、このファイルをmacOSデバイスにコピーしてインストールしてください。

PAServerのインストール

GetIt、カスタマーポータルどちらの方法でダウンロードしても、macOSデバイスにPAServer22.0.pkgをコピーし、手動でインストールする必要があります。

手順は、以下の通りです。

  • 更新されたPAServer22.0.pkgファイルをmacOSへデバイスへコピー
  • 既に古いバージョンのPAServerインストールしている場合は、事前にPAServer-22.0とPAServerManagerをアンインストールしてください。
  • PAServer22.0.pkgをクリックし、インストール画面の指示に従い、インストールを実施
  • macOSのLaunchpadからPAServer-22.0を選択し、PAServerを起動してください。下図のように「Platform Assistant Server  Version 13.0.12.2」と表示されていれば、新しいバージョンのPAServerがインストールされています。

3 8072528

もしWindows環境のRAD Studio 11で、既にmacOS 12.0 SDKあるいはiOS 15.0 SDKをPAServer経由でインポートしている場合は、以下のフォルダに作成されている該当するApple SDKを削除して再インポートしてください。

なお、November Patchで提供しているPAServerをインストールし、その際にApple SDKをインポートしている場合は、SDKを削除し、再インポートする必要はありません。

パッチのアンインストール

  • IDEを起動し、GetItパッケージマネージャを開いて、「RAD Studio 11 PAServer January Patch」のアンインストールを実行
  • RAD Studioのインストールフォルダに配置されている古いバージョンのPAServerをmacOSデバイスにリストア

Delphi Enter the Digital Fan Art and AI Art Contest
Delphi Fan Art Contest

Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES