C++DelphiRAD Studioニュース

RAD Studio 11 Alexandria January PAServer Patchがリリースされました

rad-studio-11-jan-patch

Embarcaderoは、RAD Studio 11 Alexandria November Patchのリリースに続き、Apple OSおよび開発ツールの最近のアップデートをサポートするために、Apple macOSプラットフォーム向けのPlatform Assistant Server(PAServer)の追加アップデートの提供を開始いたしました。

このパッチは累積ではないため、RAD Studio 11 Alexandria November Patch(以下、November Patch)に含まれるすべての修正が含まれているわけではありません。Apple iOSプラットフォームをターゲットにしている場合、この新しいパッチもインストールし、macOSデバイスにPAServerを(手動で)インストールすることをお勧めします。

RAD Studio 11のパッチは今回で3回目です。macOS 12 Monterey での macOS および iOS 開発のための PAServer のアップデートです(PAServer の新しいバージョンは 13.0.12.2 )。

このパッチで修正されたQuality Portalのケースは、以下の通りです。

  • RSP-36648: iOS: Invalid Code Signing of frameworks

GetIt経由でRAD Studio 11 Alexandria January Patch(以下、January Patch)のインストールをお勧めします(もしNovember Patchが未適用の場合は、これも併せてインストールしてください)。このパッチでは、遅延インストールやIDEの再起動は必要ない操作です。また、my.embarcadero.com のカスタマーポータルでも同様のダウンロードが可能です。

January PatchとNovember Patchは、どの順番でインストールしてもかまいません。

なお、macOS、iOS向けのアプリケーションを構築しない場合は、本パッチをインストールする必要はありません。

GetItパッケージマネージャ経由でパッチをダウンロード

IDEメニューのGetItパッケージマネージャを開いて「Patches and Hotfix」に移動すると、リストに下図の項目が表示されます。

1-2931822

パッチのインストール作業が完了すると、更新されたPAServer22.0.pkgファイルは、以下のフォルダに配置されます。

このファイルをmacOSデバイスにコピーしてインストールしてください。

カスタマーポータル経由でパッチをダウンロード

January Patchは、my.embarcadero.com のカスタマーポータルから入手することでき、ダウンロードのリストには下図のように「RAD Studio 11 PAServer January Patch」という名前で登録されています。

2-2780037

ダウンロードしたPatch.R110.January-202201104.zipファイルを解凍すると、PAServerフォルダ内にPAServer22.0.pkgが展開されていますので、このファイルをmacOSデバイスにコピーしてインストールしてください。

PAServerのインストール

GetIt、カスタマーポータルどちらの方法でダウンロードしても、macOSデバイスにPAServer22.0.pkgをコピーし、手動でインストールする必要があります。

手順は、以下の通りです。

  • 更新されたPAServer22.0.pkgファイルをmacOSへデバイスへコピー
  • 既に古いバージョンのPAServerインストールしている場合は、事前にPAServer-22.0とPAServerManagerをアンインストールしてください。
  • PAServer22.0.pkgをクリックし、インストール画面の指示に従い、インストールを実施
  • macOSのLaunchpadからPAServer-22.0を選択し、PAServerを起動してください。下図のように「Platform Assistant Server  Version 13.0.12.2」と表示されていれば、新しいバージョンのPAServerがインストールされています。

3-8072528

もしWindows環境のRAD Studio 11で、既にmacOS 12.0 SDKあるいはiOS 15.0 SDKをPAServer経由でインポートしている場合は、以下のフォルダに作成されている該当するApple SDKを削除して再インポートしてください。

なお、November Patchで提供しているPAServerをインストールし、その際にApple SDKをインポートしている場合は、SDKを削除し、再インポートする必要はありません。

パッチのアンインストール

  • IDEを起動し、GetItパッケージマネージャを開いて、「RAD Studio 11 PAServer January Patch」のアンインストールを実行
  • RAD Studioのインストールフォルダに配置されている古いバージョンのPAServerをmacOSデバイスにリストア

Python GUI Development

Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES