Have an amazing solution built in RAD Studio? Let us know. Looking for discounts? Visit our Special Offers page!
C++DelphiRAD Studioアップデートニュース

RAD Studio 11 Alexandria November Patchがリリースされました

rad11novemberpatch_splash

本日 Embarcaderoは、RAD Studio、Delphi、C++Builder 11 Alexandriaの2番目のパッチをリリースしました。このパッチは、Patch 1で導入された重要なリグレッション問題の対処に加え、macOS 12.0.1 Monterey上でのmacOSおよびiOS開発向けのPAServerの追加アップデートを含みます。

この2つ目のパッチは「November Patch」と呼ばれ、Patch 1の修正を含む累積パッチとなりますので、Patch 1は廃止します。November Patchは、RAD Studio 11 RTMバージョン(Patch1を適用されていない)、またはPatch 1を既に適用している、どちらのシステムにも同様にインストールすることができます。

このパッチは、アップデートサブスクリプションが有効なお客様が利用でき、GetItパッケージマネージャ経由でのインストール、またはカスタマーポータル(my.embarcadero.com)のダウンロードサイトから入手できます。

RAD Studio 11をご利用のお客様には、このパッチのインストールをお勧めします。

このブログでは、November Patchで修正されたEmbarcadero Quality Portalのケース一覧とパッチのインストール方法について説明いたします。

GetItパッケージマネージャ経由でのインストール

IDE を起動した際 (または次回の ウェルカムページの更新時)、 下図のようにRAD Studio11のウェルカムページ に「パッチが利用可能です」というアイコンが表示されます。

1-6857672

このアイコンを選択(クリック)するか、GetItパッケージマネージャを開いて「Patches and Hotfix」の項目に移動すると、下図の項目が表示されます。

1-6285899

このパッチは、遅延インストールパッケージとして提供されているため、IDEを終了した後で、実際にインストールが実施される仕組みをとっています。(再起動を促されますが、後回しにしても構いません)。

IDEの終了後、インストールプロセスが開始され、コマンドプロンプト(要 UAC)が表示されます。ダウンロードするパッチのファイルサイズは約900MBありますので、下図のコンソールウィンドウ(IDEがシャットダウンしたときに開く)からのダウンロードには時間がかかる場合があります。

rad11_patch1_installing

ダウンロードが完了すると、パッチのインストールプロセスは、古いファイルをバックアップし、新しいファイルのインストールを開始するため、下図のように別のコンソールウィンドウを開きます。

rad11_patch1_installing2

このパッチは、RAD Studio向けに提供しているため、特定の翻訳ファイルが存在しない、あるいはC++ Builderがインストールされていない場合は、上図のように一部のファイルが見つからないといった内容のメッセージが表示されることがありますが、Delphiのみご利用いただいている場合は、これらのメッセージは無視いただいて構いません。

パッチのインストール作業が完了すると、RAD Studio IDEが自動的に再起動します。ただし、このパッチでアップデートされたmacOS向けのPAServerは、手動でmacOSデバイスにインストールする必要があります。

新しいバージョンのPAServerは、デフォルトパスでは、C:¥Program Files (x86)¥Embarcadero¥Studio¥22.0¥PAServer¥PAServer22.0.pkgに配置されます。

手動によるインストール

このパッチは、カスタマーポータル(my.embarcadero.com)からも入手できます。

3-9836390

カスタマーポータルへログインし、上図のダウンロード一覧から下記のファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードしたPatch.R110.November-20211124.zipファイルを解凍すると、以下のようなファイルが展開されます。

4-9743491

このパッチをインストールする際は、必ずRAD Studio IDE を終了してください。(IDE が実行中の場合はエラーが表示されます)

上記のフォルダのpatch.R110.hotfix.november_install.batをダブルクリックすると、パッチのインストールが開始されます。

なお、このパッチでアップデートされたmacOS向けのPAServerは、手動でmacOSデバイスにインストールする必要があります。

新しいバージョンのPAServerは、デフォルトパスでは、C:¥Program Files (x86)¥Embarcadero¥Studio¥22.0¥PAServer¥PAServer22.0.pkgに配置されます。

PAServerのインストール

  • 更新されたPAServer22.0.pkgファイルをmacOSへデバイスへコピー
  • 既に古いバージョンのPAServerインストールしている場合は、事前にPAServer-22.0とPAServerManagerをアンインストールしてください。
  • maPAServer22.0.pkgをクリックし、インストール画面の指示に従い、インストールを実施
  • macOSのLaunchpadからPAServer-22.0を選択し、PAServerを起動してください。下図のように「Platform Assistant Server  Version 13.0.12.1」と表示されていれば、新しいバージョンのPAServerがインストールされています。
2-2713389

パッチのアンインストール

GetItパッケージマネージャ経由でNovember Patchをインストールした場合は、以下の手順でパッチをアンインストールすることができます。

  • C:¥Users¥<ユーザー名>¥Documents¥Embarcadero¥Studio¥22.0¥CatalogRepository¥11.0Patch-Novemberフォルダを開く
  • patch.R110.hotfix.november_uninstall.bat を実行
  • IDEを起動し、GetItパッケージマネージャを開いて、「RAD Studio 11 November Patch」のアンインストールを実行

またNovember Patchをインストールした場合、RAD Studio製品のインストールフォルダ(デフォルトでは、C:¥Program Files (x86)¥Embarcadero¥Studio¥22.0)配下にインストール時のタイムスタンプが記された以下のようなバックアップフォルダとインストールログが作成されます。

C:¥Program Files (x86)¥Embarcadero¥Studio¥22.0¥_patch-backup¥2021-11-25 05.00.28

RAD Studio 11 November Patchで解決されたQuality Portalの不具合の一覧

PAServerに関する問題

  • RSP-36094 Cannot compile to macos, no such file
  • RSP-36068 paserver issue arm osx monterey
  • RSP-36064 Exception-Klasse 6 when try to run Firemonkey app on macOS Monterey

VCLに関する問題

  • RSP-36207 Width of GroupBox on inherited form changes to default
  • RSP-36077 Delphi 11 Patch 1 Vcl.Forms.pas source code doesn’t match shipped vcl280.bpl
  • RSP-36004 Patch1 Mangles Forms with BorderStyle = bsNone and bsSingle
  • RSP-35993 The coordinate value of the component with akBottom becomes strange.

RAD Studio 11 Patch 1で解決されたQuality Portalの不具合(本パッチにも含まれる内容)

  • RSP-35800 Windows 11 Menu text with ImageList not readable
  • RSP-35785 Emoji colors are wrong on iOS
  • RSP-35778 Scaled forms do not always have commensurate sizes in 11.0
  • RSP-35716 FontSize and position of labels and components keep increasing in Delphi
  • RSP-35701 iOS Development for AppStore not possible with XCode 13.0
  • RSP-35651 #$21..#$5F characters cannot be selected correctly when they are at the end.
  • RSP-35650 Error when using IME to enter text when selecting
  • RSP-35518 Fonts in Nested Controls are not Down Scaled in Dpi Unaware Applications
  • RSP-35473 VCL Styles IDE Bug with selecting controls
  • RSP-35459 A change in TThread breaks Windows XP compatibility
  • RSP-35312 Programs built with dpi>96 run corrupted in 96dpi
  • RSP-35049 DoThemedDrawText: Parameter “Selected” is ignored, leading to wrong text color in menus on Windows 11
  • RSP-34960 Font height change in DFM if Scaled = False
  • RSP-34913 VirtualImageList images grow when HighDPI=Auto (Monitor Scale = 200)
  • RSP-34822 Dynamically created frames are scaled wrong when IDE is in High DPI mode

またウェルカムページに起因するアクセス違反や、高DPIのIDE構成で非ビジュアルコンポーネントを含む古いフォームを開く際の問題、RSP-35785(Android版)での絵文字の色に関する同じ問題にも対処しています。


What's New for RAD Studio 11

Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

関連記事
DelphiRAD Studio

Delphi 11 Alexandria Defines

DelphiRAD Studio

Android 11と iOS 15.1で動作済みのZXingデモアプリを公開

C++DelphiRAD Studio

Windowsの主役は再びネイティブ開発に

C++DelphiRAD Studioアップデートニュース

RAD Studio 11 Alexandria Patch 1がリリースされました

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES