Have an amazing solution built in RAD Studio? Let us know. Looking for discounts? Visit our Special Offers page!
C++DelphiRAD Studioニュース

RAD Studio 11.1 Alexandria Patch 1 のリリース

rad studio 11 title

本日、エンバカデロテクノロジーズは、RAD Studio、Delphi、C++Builder 11.1 Alexandria 向けのパッチをリリースしました。

RAD Studio 11.1 Alexandria Patch 1は、最新リリースのいくつかの関連する問題に対応しており、アップデートサブスクリプションが有効なお客様は、GetIt パッケージマネージャ(IDE ウェルカムページにパッチに関する案内が表示されます)

ide_image-8979789

またはカスタマーポータル(https://my.embarcadero.com)の ダウンロードサイトから入手できます。このパッチは、すべての RAD Studio 11.1 をご利用のお客様を対象にインストールすることを推奨いたします。このブログでは、Quality Portalへ報告された問題の一覧のやインストール手順について解説いたします。

GetIt経由でのインストール手順は、既に公開しているブログ(https://blogs.embarcadero.com/ja/rad-studio-11-alexandria-patch-1-available-ja/ )で説明している内容と同じです。なお、11.1 では下図のようにパッチを「無視」してインストールしない方法も可能です。ただし、無視するとウェルカムページに「パッチが利用可能」というアイコンも表示されなくなりますので、ご注意ください。

image3-6979891
[無視を中止します]ボタンを押すと、GetItからパッチのインストールが可能になります

またGetIt経由でインストールする以外にも、カスタマーポータル(https://my.embarcadero.com)からパッチの ZIP ファイルをダウンロードし、手動でインストールすることもできます。なお、パッチをインストールする前に、RAD Studio IDE を手動で終了し(IDE が起動しているとエラーが表示されます)、Readme に記載されている手順に従う必要があります。

RAD Studio 11.1 Patch 1 Readme

このパッチは、RAD Studio 11.1 の Delphi コンパイラ、macOS および iOS でのデバッグ、従来のコンパイラでの C++ コード補完、および以下で紹介しているいくつかの問題を解決し、RAD Studio 11.1をご利用の全てのお客様にインストールをお勧めします。

このパッチは約400MBのダウンロードが必要です。

GetItによるインストール

GetIt経由でRAD Studio 11.1 Patch 1をダウンロードした場合、置き換えられたファイルのバックアップを作成し、自動的にインストールされます。

getit_image-3465391

なお、macOS向けのPAServerの新バージョンは、Macへ手動でインストールする必要があります。詳しくは、後節の「PAServerのインストール」を参照ください。

手動によるダウンロードとインストール

パッチは、カスタマーポータルでも入手できます。手動でパッチをインストールする場合は、https://my.embarcadero.comからEDNアカウントでログインし、下図のようにRAD Studio 11.1 Patch 1をダウンロードファイル一覧から検索して、ダウンロードしてください。

image6-9795877

ダウンロードしたPatch.R111.Patch1-202204273.zipファイルを展開してください。

image4-8076211

RAD Studio 11.1 IDEを終了し、展開したフォルダ内のpatch.R111.patch1_install.batファイルを実行することで、 RAD Studioのインストールフォルダ(デフォルトでは、C:¥Program Files (x86)¥Embarcadero¥Studio¥22.0)へサブフォルダも含めてファイルのコピーが開始されます。

なお、macOS向けのPAServerの新バージョンは、Macへ手動でインストールする必要があります。詳しくは、後節の「PAServerのインストール」を参照ください。

PAServerのインストール

  • 更新されたPAServerは、デフォルトでは C:¥Program Files (x86)¥Embarcadero¥Studio¥22.0¥PAServer以下に配置されます。このフォルダ内のPAServer22.0.pkgをMacへコピーしてください。
  • 既に古いバージョンのPAServerインストールしている場合は、事前にPAServer-22.0とPAServerManagerをアンインストールしてください。
  • maPAServer22.0.pkgをクリックし、インストール画面の指示に従い、インストールを実施
  • macOSのLaunchpadからPAServer-22.0を選択し、PAServerを起動してください。下図のように「Platform Assistant Server  Version 13.1.11.0」と表示されていれば、新しいバージョンのPAServerがインストールされています。
image5-5154947

macOS向けのPAServerは、Pythonの設定も必要です。次節の「macOSでのPython設定に関する追加手順」も併せて参照してください。

macOSでのPython設定に関する追加手順

macOS向けのPAServer では、Python2.7を使用する必要があります。以下は推奨する手順です。

  1. (https://www.python.org/ftp/python/2.7.18/python-2.7.18-macosx10.9.pkg)のサイトからPython 2.7をダウンロードし、インストールを実行
  2. Python 2.7向けの正しいシンボリックリンクを作成するため、以下のコマンドを実行
  • cd /Applications/PAServer-22.0.app/Contents/MacOS/lldb-x86_64/lib/python2.7
  • sudo mv Python Python.orig
  • sudo ln -s /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/Python Python

アンインストール手順

1. RAD Studioを終了

2a. GetIt経由でインストールしている場合、Catalog Repositoryフォルダ(C:¥Users¥<ログイン名>¥Documents¥Embarcadero¥Studio¥22.0¥CatalogRepository¥11.1Patch-Patch1)へ移動

2b. 手動でインストールしている場合、前節「手動によるダウンロードとインストール」で展開したPatch.R111.Patch1-202204273.zipのフォルダを開く

3. patch.R111.patch1_uninstall.batファイルを実行

4. GetItパッケージマネージャからをRAD Studio 11 Patch 1をアンインストール

RAD Studio 11 Patch 1で解決されたQuality Portalの問題

  • RSP-37880 Can’t debug iOS
  • RSP-37760 Using ImageList causes IDE to crash
  • RSP-37733 IDE Access Violation when Inheriting from a Form with a TListView in DynamicAppearance.
  • RSP-37690 GridPanelLayout on form memory leaks on end app — same if not used at all
  • RSP-37667 Cannot fit requested classes in a single DEX file (# methods: 71471 > 65536)
  • RSP-37665 Code Insight broken for classic compiler
  • RSP-37662 Segmentation Fault(11) in SysUtils.Pop on Android64
  • RSP-37609 PAServer ships with Python 2.7 dependencies – which are no longer available in macOS 12.3
  • RSP-37408 Delayed flag break Exe’s ASLR function
  • RSP-37378 Memory leak
  • RSP-35040 64bit packets in C++ containing Delphi code do not run

なお、MongoDBのトランザクションに関する問題、TGPUObjectsPoolクラスのvarインスタンスに関するFireMonkeyのメモリ問題(RSP-37690)、AtomicCmpExchange128に関するDelphiコンパイラの問題(一部のプラットフォームで)にも対処しています。


What's Coming in Delphi, C++Builder, and RAD Studio 11.2 Alexandria

Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES