Have an amazing solution built in RAD Studio? Let us know. Looking for discounts? Visit our Special Offers page!
DelphiRAD Studio

クイックプレビュー!Delphi 10.4.2を Windows 11 ARM+macOS 12 ARMで実行する

tcoffeeandcode-arm-desktop-background

以下のビデオでは、エンバカデロのチーフエバンジェリストであるJim McKeethによって、Delphi 10.4.2を Windows 11 ARM+macOS 12(Monterey) ARMで実行するクリックプレビューを紹介しています。

Delphi 10.4.2では、正式にネイティブARM(Apple Silicon)のターゲットはサポートしていないのですが、Apple M1 MacBook Proに代表されるApple Siliconを搭載したMac PCで利用可能な「Rosetta 2」と呼ばれる機能により、インテル・アーキテクチャ上で動作するように作成されたx86-64ソフトウェアをApple Silicon上で動作させることができます。 (Rosetta 2は、Intelベースのmac用に作成アプリを使用するためのバイナリの自動変換レイヤーです。)

また最近公開されたWindow 11 Insider Programを有効にすると、ARM版のWindows 11がインストールできます。ARM版のWindows 11の新機能として、「ARM64EC」という新しいアプリケーションバイナリインターフェイスが追加されています。これは既存のARM64 ABIとは若干異なり、x64コードとバイナリ互換性があり、呼び出し規則、スタックの使用法、データの配置などはx64の規約に従っています。そのため、Windows 10のARM版では無理でしたが、Windows 11のARM版へアップデートいただくと、Delphiのx64コードのデバッグが可能になりました。

現状では、Delphi 10.4.2は、Windows 11 ARM、macOS 12 ARMどちらも正式にはサポートしていないのですが、上記のRosetta とWindows 11の機能のおかげで、限定的ではありますが、Apple Silicon上でDelphiで作成したアプリを動作させることができます。

なお、Delphiの次期リリース(10.5)では、macOS 64-bit ARM DelphiコンパイラによってネイティブARM(Apple Silicon)の正式サポートを予定しており、Windows 11も正式サポートする予定です。

cy20-21-roadmap-ja09-4349562

また10.5の早期のベータアクセスは、アップデートサブスクリプションをご契約いただいているお客様を対象(プレミアムアップデートサブスクリプションのお客様を優先的に)としてベータプログラムが開始されましたら、順次ご案内させていただく予定です。

今後もエンバカデロからのメール、ブログなどでの発表にどうかご注目ください!


What's New for RAD Studio 11

Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

関連記事
C++DelphiRAD Studioアップデートニュース

RAD Studio 11 Alexandria Patch 1がリリースされました

C++DelphiRAD Studio

Windows 11におけるVCLのサポート強化

DelphiRAD Studio

WSLをGUIツールで管理するために必要なものは?

DelphiRAD Studio

Windows 11の角が丸いフォームをアプリケーションでコントロールする方法

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES