Have an amazing solution built in RAD Studio? Let us know. Looking for discounts? Visit our Special Offers page!
C++事例

C++Builderによって構築された「Elynceus」が犯罪者を特定

elynceusdev2

Elynceusは、顔認識を用いて指名手配者(犯罪者および誘拐/行方不明者)の特定を支援するWebアプリケーションで、RAD Studio 10.2.3(C++Builder)およびIntraWeb XIVによって構築されています。開発者は、次のように解説しています。

「アプリケーションには、主に3つの用途があります。1) 顔認識を利用した指名手配者(犯罪者および誘拐/行方不明)の特定。指名手配者は通常、同じ名前を使い続けることはありません。これが、指名手配者の認識においてElynceusが革新的である理由です。識別は、テキスト検索、写真のダウンロード、Webカメラからのスナップショットの取得によって実行できます。2) Elynceusは、家庭でのセキュリティツールとしても使用できます。ユーザーは、自宅で使用している通常のホームセキュリティシステムのWebカメラやIPカメラを、Elynceusに接続できます。ただし、情報はローカルデバイスではなく、サーバー側に保存されます。そのため、自宅のコンピューターが破壊されたとしても、ユーザーはインターネットに接続できる他のデバイスから、保存された情報を取得することができます。3) Elynceusをモバイルデバイスで使用すると、犯罪情報を提供する強力なツールとなります。アプリは、1秒間に2回スナップショットを取得するだけでなく、位置情報も記録します。従って、暴行や誘拐事件の捜査の場合、アプリは被害者が最後に会った人とその場所に関する情報を提供できるので、事件解決の重要な手がかりとなります。」

Webサイト

eLynceus

画面ショットギャラリー


Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

Get some love as Delphi turns 26

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES