Have an amazing solution built in RAD Studio? Let us know. Looking for discounts? Visit our Special Offers page!
DelphiRAD Studio

Androidアプリの実行パーミッションを簡単に制御可能な「Mobile Permissions Component」

easily-control-application-permissions-with-mobile-permissions-component-ja

Android 6.0(コードネーム: Marshmallow)以降のバージョンでは、Androidユーザーはアプリケーションごとにリソースに対するアクセス許可/不許可の実行パーミッションを制御することができるようになりました。 そしてAndroidアプリの開発者は、これらのパーミッションを適切に処理することにより、アプリケーションのアクセシビリティを維持する必要があります。

詳細はdocwikiの「Android Permission Model(英語)」ドキュメントをを参照してください。さらにIDEでプロジェクトのアプリのパーミッションを設定する方法については、こちらを参照ください。

DelphiでFireMonkeyを利用してAndroidアプリケーションを作成すると、Androidでのアクセス許可要求、アクセス許可の結果、およびユーザーに表示するメッセージを処理する適切な関数を作成することにより、アプリケーションのアクセス許可を制御できます。

以下は、DelphiでAndroidのパーミッションを要求する標準アプローチによる簡単なコード例です。

しかし上記のコード例以外にも、Androidのパーミッションを要求する別のアプローチがあります。

Mobile Permissions Component for Android」を利用すると、FireMonkeyの標準アプローチを利用するよりも少ないコードで簡単に管理することができます。

このコンポーネントを利用するメリットは、Android上でのリソースパーミッションの要求が簡単にできることです。ほんの数行のコードを書くだけで、Androidアプリケーションでパーミッションを要求する処理を、より簡素化することができます。

以下は、Mobile Permissions Component for Androidを利用したDelphiのコード例です。

上記2つのコード例を比べると、同じAndroidでパーミッションを要求する処理においてFireMonkeyの標準アプローチよりもMobile Permissions Componentを利用したほうが、記述するコードが少なく、簡素化されていることがわかります。

Mobile Permissions Component for Androidは、GetItパッケージマネージャを開いて、検索ボックスから”Permissions”というキーワードで検索すると見つかりますので、これを選択してインストールすることができます。

mobile-permissions-component-for-android-ja-9573574

Mobile Permissions Component for Androidは、無償で利用可能なオープンソースです。なお、エンバカデロではこのライブラリに関するテクニカルサポートサービスは提供しておりません。


What's New for RAD Studio 11

Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

関連記事
DelphiRAD Studio

Delphi 11 Alexandria Defines

C++DelphiRAD Studioアップデートニュース

RAD Studio 11 Alexandria November Patchがリリースされました

DelphiRAD Studio

Android 11と iOS 15.1で動作済みのZXingデモアプリを公開

C++DelphiRAD Studio

Windowsの主役は再びネイティブ開発に

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES