Have an amazing solution built in RAD Studio? Let us know. Looking for discounts? Visit our Special Offers page!
C++DelphiRAD Studio

RAD Studio 10.4.1向けPatch: Appleプラットフォームの修正(12月更新版)

104laptopipadbondi-scaled

2020年11月にmacOSとiOSの最新バージョンのサポートを改善することにフォーカスした「RAD Studio 10.4.1向けPatch: Appleプラットフォームの修正」をリリースしましたが、今回は同じパッチの更新版です。このパッチでは、既に修正したAppleSDKのインポートとデバイスでのデバッグに関する問題に加えて、特定のライブラリ(例えば、TClientDataSet)のバインディングやiOSのC++開発に関する問題などを解決しています。

パッチの適用は、

  • GetItパッケージマネージャ経由(遅延パッケージによる自動インストール、RAD Studioの再起動時に適用)
  • my.embarcadero.comからのダウンロードし、手動でインストール

のどちらの方法でも行えます。

この新しいパッチには、以前リリースされた古いパッチが含まれているため、古いパッチは破棄し、更新した版に置き換えました。古いパッチを既にインストールしている場合は、その上に新しいパッチをインストールしてください。そうでない場合は、新しい”12月更新版”をインストールしてください。

古いパッチを既にインストールしている場合は、GetItパッケージマネージャを開くと、以下のようなパッケージの項目が表示されます。

  • 古いパッチは、Apple Platfoms Patch for RAD Studio 10.4.1 1.0
  • 新しいパッチは、December Apple Platfoms Patch for RAD Studio 10.4.1 1.0

これはシステムに既にインストールされているパッケージを一覧表示するためです。 ただし、古いパッチをアンインストールする必要はありません。

december-apple-platforms-updated-patch_ja-8791190

詳しくは、以下の新しいパッチの readme を参照ください。

Appleプラットフォームの修正(12月更新版)のreadme

このパッチでは、10.4.1のリリース時に間に合わなかったXcode 12、iOS 14、macOS 11 Big Sur (Intel)のサポートに関連するいくつかの問題に対処しています。11月に同様のパッチをリリースしました。この新しいパッチは、その以前のパッチを置き換えるもので、同じエリアでさらなる改善を提供しています。既存のパッチの上にこのパッチをインストールすることで、必要なファイルはすべて置き換えられます。

以前のバッチ(2020年11月にリリース)には、以下の内容が含まれていました。

  • macOS 11 Big Sur(Intel)上で実行するアプリの例外送出時、ならびにアプリの終了時の問題(RSP-30000)
  • Xcode 12からのSDKのインポート(PAServer 経由)
  • iOS14デバイス上でのアプリのデバッグ対応

などの修正が行われています。

詳しくは、iOS14macOS 11のサポートKB、Embarcadero Quality Portal (RSP-31014RSP-31667)を参照ください。

この新しいパッチには上記の修正が含まれていますが、以下のいくつかの新しい修正が追加されています。

  • An issue compiling against the ClientDataSet component (RSP-31795)
  • Several issues using C++ with the iOS14 SDK:
  • Error ‘unknown type name __UINTPTR_TYPE__’ when building with iOS14 (詳しくは、こちらを参照ください)
  • Errors building with the iOS14 SDK, including ‘invalid node: this may result from using a map iterator as a sequence iterator, or vice-versa’ or a linker error (RSP-31014)
  • Linker errors referring to DBX, such as ‘[ld Error] Error: “__ZdlPv”, referenced from: __ZN9DBXObjectD0Ev in DBXCommon.o’

PAServerのインストール

パッチのインストール完了後、macOS向けのPAServerのインストーラをmacOS上にコピーして手動でインストールする必要があります。

PAServerの適用手順は、以下の通りです。

  1. C:¥Program Files (x86)¥Embarcadero¥Studio¥21.0¥PAServer¥PAServer21.0.pkgファイルをmacOSへコピーする
  2. PAServer21.0.pkgファイルをクリックして、PAServer 21.0のインストーラーを実行する (既に古いPAServerがインストール済の場合は、上書きされます)
  3. インストール完了後、PAServerを実行し、バージョンを確認してください。
december_apple-patformpatch_paserser_ja

PAServerのバージョンが「12.1.10.5」に変更されていれば、新しいバージョンが適用されています。


Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

関連記事
DelphiRAD Studio

Delphi向けWindowsアプリケーションで高速な描画を実現するグラフィックライブラリ(Graphics32)

DelphiRAD Studio

Delphiを使用してWindowsからシステムBIOS情報を簡単に取得するには?

DelphiIDERAD Studio

Google Playストアで、新しいFireUI App Previewを公開

DelphiRAD Studio

Firebaseを迅速かつ簡単にDelphiアプリへ統合する

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES