Have an amazing solution built in RAD Studio? Let us know. Looking for discounts? Visit our Special Offers page!
C++DelphiRAD Studioアップデート

RAD Studio 10.4.1向けPatch: Appleプラットフォームの修正

RAD Studio 10.4.1のXcode 12、iOS 14、macOS 11 Big Sur (Intel) サポートの改善にフォーカスした新しいパッチをリリースしました。

このパッチは、10.4.1のリリース時に間に合わなかったOSに関するアップデートです。

具体的には、

  • macOS 11 Big Sur(Intel)上で実行するアプリの例外送出時、ならびにアプリの終了時の問題(RSP-30000)
  • Xcode 12からのSDKのインポート(PAServer 経由)
  • iOS14デバイス上でのアプリのデバッグ対応

などの修正が行われています。

詳しくは、iOS14macOS 11のサポートKB、Embarcadero Quality Portal (RSP-31014RSP-31667)を参照ください。

この修正により、新しいバージョンのPAServerもこのパッチで提供しています。

注意: macOS 11 Big Sur(Apple Silicon)を利用している場合は、Delphi 10.4.1でビルドされたバイナリを含め、Intelプラットフォーム用にビルドされたmacOSアプリをApple Rosetta 2互換性レイヤーを介すことで実行できます。

10-4-1_apple_patch_ja-1260262

パッチの適用は、

  • GetItパッケージマネージャ経由(遅延パッケージによる自動インストール、RAD Studioの再起動時に適用)
  • my.embarcadero.comからのダウンロードし、手動でインストール

のどちらの方法でも行えます。

どちらのインストール方法を選択された場合でも、パッチのインストール完了後、macOS向けのPAServerのインストーラをmacOS上にコピーして手動でインストールする必要があります。

PAServerの適用手順は、以下の通りです。

  1. C:¥Program Files (x86)¥Embarcadero¥Studio¥21.0¥PAServer¥PAServer21.0.pkgファイルをmacOSへコピーする
  2. PAServer21.0.pkgファイルをクリックして、PAServer 21.0のインストーラーを実行する (既に古いPAServerがインストール済の場合は、上書きされます)
  3. インストール完了後、PAServerを実行し、バージョンを確認してください。

10-4-1_apple_patch_paserver_ja-9228225

PAServerのバージョンが「12.1.10.4」に変更されていれば、新しいバージョンが適用されています。


Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

関連記事
C++DelphiRAD Studio

Delphi 10.4.2 RTL Patchのリリース

C++DelphiRAD Studio

RAD Studio 10.4.2のPatchのリリース: General PatchおよびDelphi Compiler Patch

DelphiRAD Studioインタビューニュース

イノベーションを推進するパートナーコラボレーション(TMS Softwareへのインタビュー)

C++DelphiRAD Studio

RAD Studioで為替レートを取得するREST APIの使用方法を学ぶ

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES