Have an amazing solution built in RAD Studio? Let us know. Looking for discounts? Visit our Special Offers page!
C++Delphi

iOS AppStoreの1024×1024アイコン問題の回避策

6月中旬、AppleはApp Store Connect経由でのストア提出の要件の施行を開始しました。この要件は新しいものではありませんが、現在のルールでは、開発者が提出するアプリのパッケージリストの中にPNG形式の1024×1024のApp Store用アイコンを追加することを要求しています。

今後の10.4アップデートリリースで、iOSデプロイメントに関する直接的なサポートを追加する予定です。それまでの間に、RAD Studio 10.4 を使用してこの問題を回避するための詳細な手順を公開しました。その手順は、Embarcadero Quality Portal (QP)のRSP-29692のケースコメントに記載されています。

QPのケースに記載されている詳細な手順はかなり長くなりますが、基本的には、アセットカタログ(Assets Catalog)を使用して、アプリで使用されるすべてのアイコンを提供する必要があります。 これは、RAD Studio 10.4 Sydneyで提供されているiOSストーリーボードのサポートに加えて必要です。 手順の概要は以下の通りです。

  1. アプリで利用する実際のアイコンや画像ファイルを使用して、アセット カタログを作成します。これは、RSP-29692のAttachmentsからダウンロードできるアセットカタログ(asset_catalog.zip)のファイル構成を参考にして、既存の画像を実際のアプリで使用する独自の画像へ置き換えることで行うことができます。

  2. macOS上でアセットカタログをコンパイルします。

  3. macOSからアプリケーションプロジェクトのルートフォルダにアセットカタログのコンパイルの一部として生成されたファイルを転送します。

  4. プロジェクト内の Info.plist ファイルを更新して、App Store Connect の送信用の正しいプロパティキーを含めます。DTPlatformVersionプロパティキーの使用は、App Store Connect送信のキーとして確認されています。

  5. [プロジェクト]-[配置]のリストを更新して適切なPNGファイルを含め、デフォルトで生成されたInfo.plistおよびAssets.carファイルを置き換えます。

参考として、さまざまなグラフィック要素に関する Apple の要件については、https://developer.apple.com/design/human-interface-guidelines/ios/icons-and-images/app-iconで説明されています。RSP-29692のケースコメントに記載されている手順を実施すると、RAD Studio 10.4 でビルドしたアプリを App Store Connect での提出を成功させることができます。


Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

関連記事
DelphiRAD Studio

DelphiアプリケーションでWMIの機能を活用する

DelphiRAD Studio

Delphi向けWindowsアプリケーションで高速な描画を実現するグラフィックライブラリ(Graphics32)

DelphiIDERAD Studioアップデート

Google Playストアで、新しいFireUI App Previewを公開

C++DelphiRAD Studioニュース

アップデートサブスクリプションユーザー向けDelphi / C++Builder 10.4.2ベータプログラムのご案内

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES