RAD Studioアップデートニュース

Konopka Signature VCL Controls バージョン 7のリリース

HighDPIサポートを強化した新バージョンのKSVCボーナスパッケージが、RAD StudioのGetItパッケージマネージャで利用可能になりました。

Konopka Signature VCL Controlsライブラリは、強化されたビジュアルコントロールと強力な組み込みデザイナの優れたセットを備えたVCLライブラリです。 Embarcaderoは、数年前にRaize Softwareから権利を得ています。

10.4.2では、主にVCLスタイルのサポートと統合(バージョン6.5でリリース)に焦点を当てたKSVCライブラリにいくつかの修正と改善を行いました。今回、高DPIサポート(モニターごとのv2 Windows 10モード用)のために10.3および10.4で導入されたVCL機能を活用する新しいバージョンを公開しました。この変更により、新しいバージョンのKSVCはRAD Studio 10.4.xでのみ使用可能で、互換性のために古い6.xバージョンを引き続き使用できます。

下図のように、10.4.2をご利用のお客様のGetItパッケージマネージャには、どちらのバージョンも表示されます。

konopka-signature-vcl-controls-version-7-ja-1-6789102

KSVCボーナスパッケージのインストールは、GetIt経由で直接行えます。

konopka-signature-vcl-controls-version-7-ja-2-8632356

このライブラリをインストールすると、RAD Studio IDEにいくつかのコンポーネントが追加されます。(ここでは、ツールパレットの一部をご紹介します)

ksvc7_controls-7023521

下図は、KSVCのバージョン7で再構築された古典的な包括的なデモを紹介するスクリーンショットです。(いくつかのコード変更が必要です)

ksvc7_demo-7737763

KSVCのバージョン7では、下記のQualityPortalレポートで報告された問題が改善されています。

  • RSP-31791    TRzControlButton: Wrong border when StyleElements is empty
  • RSP-31786    TRzControlButton.DrawSpinButton() should check StyleElements property
  • RSP-31785    TRzControlButton should paint arrows in Vista style, not Windows 95 style
  • RSP-31784    TRzCustomComboBox does not respect style when painting
  • RSP-23472    High DPI scaling issues in KVSC Raize components
  • RSP-21178    HighDPI bugs in Konopka Signature VCL Controls 6.2.3
  • RSP-16715    Close button not scaled on TRzTabControl for highDPI

このコントロールライブラリの改善が多くのお客様に評価され、他のVCL開発者が使用し始めることを願っています。


Python GUI Development

Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES