Have an amazing solution built in RAD Studio? Let us know. Looking for discounts? Visit our Special Offers page!
C++DelphiRAD Studioニュース

アップデートサブスクリプションユーザー向けDelphi / C++Builder 10.4.2ベータプログラムのご案内

104laptopipadbondi-scaled

Embarcadero Delphi / C++Builder / RAD Studio 10.4.2(コードネーム:Hunter)NDAベータプログラムへ、アップデートサブスクリプションが有効な全てのお客様を対象にご招待いたします。RAD Studio 10.4.2は、RAD Studio 10.4および10.4.1で導入された機能をベースに、製品全体に新機能と機能強化が加えられています。

10.4.2リリースに向けて計画している機能の詳細については、「RAD Studio 2020年11月付ロードマップのPM解説」を参照ください(ただし、ブログ記事で言及されている機能は、10.4.2がリリースされるまでその提供をお約束するものではありません)。

ベータプログラムに参加すると、パブリックベータのビルドがリリースされる度に、新しいビルドのダウンロードURL、追加あるいは修正された機能の説明や、修正された不具合に関するドキュメントがお客様のEメールアドレス宛に英文メールで送付されます。

参加方法

  1. ベータプログラムへの参加をご希望の方は、2020年12月15日(火)までに、こちらのフォームにアップデートサブスクリプションに関連付けられている名前とメールアドレス(製品の登録時に使用したEメール)を入力してください。 (受付は締め切りました。)
  2. メールアドレスを入力すると、12月の後半にHunter Beta NDAに電子署名するためのリンクが記載されたフォローアップメール(英文)がお客様宛に届きます。 NDAに署名すると、10.4.2ベータに参加するために必要な情報(英文)で提供されます。 10.4.2ベータ版のビルドは、もし現在10.4または10.4.1 Sydneyを利用されている場合は、同一PC内に共存させてインストールすることはできません。(ベータ版ビルドは、別のホストPC環境か、仮想環境にインストールしてご使用いただくことをお勧めいたします。)

ご注意:フォームからベータプログラム参加のお申し込みをいただいても、自動受付完了メールは送付されません。アップデートサブスクリプションが有効なユーザーは12月後半にフォローアップメールが届きます(ただしアップデートサブスクリプションの期限切れ、あるいは未契約などが理由で無効な場合には、このフォローアップメールは送付されません)。そのため、もしベータプログラム参加が完了しているか事前にご確認されたい場合は、[email protected]宛にご連絡ください。お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

アップデートサブスクリプションの期限が切れているけれど、10.4.2 ベータプログラムへの参加に興味がある方は…

10.4.2ベータプログラムに興味がある方は、エンバカデロまでお問い合わせください。アップデートサブスクリプションの更新、またはお客様に最適な最新バージョンへのアップグレードパスなどをご案内することができます。


Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

関連記事
DelphiRAD Studio

DelphiアプリケーションでWMIの機能を活用する

DelphiRAD Studio

Delphi向けWindowsアプリケーションで高速な描画を実現するグラフィックライブラリ(Graphics32)

DelphiIDERAD Studioアップデート

Google Playストアで、新しいFireUI App Previewを公開

C++RAD Studio事例

大規模なC++プロジェクトのビルド時間をTwineCompileで高速化

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES