Have an amazing solution built in RAD Studio? Let us know. Looking for discounts? Visit our Special Offers page!
C++

10.2.3でのC++の品質

Author: h.mohri

この記事は、DAVID MILLINGTONによるC++ Quality in 10.2.3の抄訳です。

すべてのRAD Studioのリリースでは、品質、パフォーマンス、安定性というQPSに焦点を当てています。

C++Builderの最新リリースには以下が含まれています:

 

10.2.3でのC++品質


10.2.3では、弊社品質向上は主に次の2つの分野に焦点を当てています。

  • コンパイラの品質:codegen、RTL、デバッグの修正
  • IDEでのコード補完

両方を見てみましょう。

 

コンパイラの品質

弊社はいくつかの問題に取組みました。インクルーディングやデバッグ時の問題です。最も顕著なのは大きなスタック変数(1ページ以上のスタック割り当てまたは4KB); System::Exceptionから例外を派生;  メモリマネージャと統合; 拡張された(Delphiスタイルの)RTTI生成が含まれます。

 

コード補完

コード補完は重要なIDE機能です。 C++Builderは長年にわたってC++コードの補完を行っていましたが、時にはそれが私たちが目指す品質ではありませんでした。 将来のリリースでこの機能の重要な計画を立てていますが、その間に既存の実装の経験を大幅に改善することができました。

コード補完にはいくつかの問題がありました。 これらは不完全なものから、補完を呼び出すこと、結果リストが空であることなど、より深刻なものまでありました。例えば、IDEの補完を打止めさせるなどです。 この現象を引き起こすために集まっている問題は数多くあり、弊社が特定したすべての問題は修正されています

 

現時点では、次のようになっています。

  • コード補完の結果はより頻繁に、より正確に、より速く動作するように改善
  • たまに起きる補完の不一致は、解決されました
  • IDEの安定性の問題が解決しました 

コード補完などのIDEツールを使用する場合、C++Builder 10.2.3を使用すると、生産性が大幅に向上します。
更新を強くお勧めします。

 

関連



What's New for RAD Studio 11

Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder.
Design. Code. Compile. Deploy.
Start Free Trial   Upgrade Today

   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition

関連記事
C++DelphiRAD Studio

RAD Studio 11 Alexandriaにおけるプラットフォーム識別子の変更点

C++InterBase

C++Builder 11 Alexandriaで利用可能なC++コンパイラ

C++Delphi

DelphiプログラムからプロキシDLLを介してC++ライブラリを使用する方法

C++RAD Studio

押し出し円筒棒を使用して3Dデータを視覚化する方法

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IN THE ARTICLES