Delphi事例

Delphiによって構築された統合水資源ソフトウェアツール

WEAPは、Delphiを用いて開発された統合水資源計画ソフトウェアツールで、熟練したプランナーに置き換わるのではなく、それをサポートするためのツールです。開発者は、次のように解説しています。 「WEAPは、計画立案とポリシー分析のための包括的かつ柔軟なユーザーフレンドリーなフレームワークを提供します。水資源の専門家の多くが、WEAPが提供するモデル/データベース/スプレッドシートなどさまざまなソフトウェアツールボックスの利便性を評価しています。淡水管理の課題に対する認識は日々高まっており、限られた水資源を農業、地方自治体、環境用途に割り当てるには、需要と供給、水質管理、生態系への配慮を完全に統合して管理する必要があります。WEAP(Water…
C++IDERAD Studio

リンカの支援:C++Builder 10.4.2でのDWARFとリンカのメモリ使用量の分割

リンカは、C++Builderツールチェーンの中核をなす大切なパートです。結局のところ、リンカはコンパイラの出力を纏めて最終的なバイナリを作成する部分であり、その重要性は計り知れません。ただし、アプリケーション全体を一度にまとめるため、多くのメモリを使用することになります。 C++Builder…
続きを読む
Delphi事例

驚異的な3D列車シミュレーションソフトウェアがDelphiの柔軟性を証明

Zusiは、MS DirectXグラフィックスを用いたリアルタイム3D列車運転シミュレーションで、ドイツを中心とした多くの鉄道会社で、運転手のトレーニングに使用されています。また、鉄道ファン向けのホビーバージョンもあります。開発者は、次のように解説しています。 「Zusi 3…
続きを読む